ファラオと霊園へ

本日は7月20日の金曜日。一週間前、13日の金曜日に、主治医のダクタリ東京にて、MRIを手配していただき、15日の日曜日に地元のキャミック城南にてMRI。そして、ファラオは病名判明と共に、そのまま旅立ちました。 19日、霊園から車でお迎えが来るまでの、朝の時間。ファラオと主人。 ジャスミンとマッちゃん。 ファラオには、主人のTシャツを持って行ってもらうこ…

続きを読む

葬儀まで、自宅での時間

7月17日の6時24分、8年8カ月の生涯を、夜間救急動物病院TRVAで閉じ、帰宅したファラオ。葬儀場に行くまで、自宅で2泊を過ごしました。 ジャスミンの夕食。お互いに、相手の食事を奪いに行くようなことも、もうありません。それでも、ファラオの姿の前で、ジャスミンの食事姿を見られることに、心の平穏を保てております。 朝に帰宅し、既に深夜前。この日は、目元がぴくっと動いたように…

続きを読む

ファラオ亡くなりました

7月17日、火曜日、朝6時24分、ファラオは亡くなりました。15日の午後にMRI、16日午前2時前に停止した呼吸と意識のない状態は、変わることはありませんでした。 16日の22時、ファラオが人工呼吸器を装着している夜間救急動物病院TRVA、応接室にて担当医(副院長)と話合い。もちろんファラオにも会っています。状況に変化はなく、同じ格好で生命を維持しているため、筋肉が固まり、体は固く、目は開…

続きを読む